大幅値引きを実現

競合車を立てるのは常識

新車の値引き交渉で競合車を立てるのは今や常識です。
オデッセイの場合だと「エスティマ」「エクシーガ」「アルファード」「ヴェルファイア」「イプサム」「セレナ」「エルグランド」などが競合車です。
このような競合車をピックアップし、オデッセイと迷っていることを営業マンに伝え、契約ギリギリまで迷っているフリをしてください。
そうすると値引きがしやすくなります。
ただ、相手も競合車を利用した値引きに慣れている場合もあるので、あまりにもしつこいと印象が悪くなります。
そして、できる限り色々なディーラーに行って商談をしてください。
そこで営業成績に困っている営業マンと出会うことができれば、値引き額がさらに大きくなります。

交渉時期は年度末決算期(1月?3月)、ボーナス時期(6?7月、12月)、中間決算期(8月?9月)がおすすめです。
これらの時期は車を少しでも多く販売したいと思っているので、非常に値引きがしやすいです。
特に営業マンの成績が決まる20日前後に交渉を行うとさらに値引きがしやすくなります。
無理にこの時期に買えとは言いえませんが、急ぎでないのであれば、少しでも安く買うために購入時期を考えてみるのも良いかもしれません。

 

Page top

 

オデッセイはどんな人におすすめ?